ペニスを鍛える方法

Image Replacement

ペニスを自力で大きくすることは可能ですか

ペニスを大きくたくましくする願望は、日本人の成人男性でしたら誰でも持っている願望です。ペニスは大きくしたいけれど、効果が望めるかわからない4万円近い高額なペニス増大器具を購入する余裕もないし、そこまでお金を掛けて、ペニスを大きくする願望はないという方も少なくない筈です。

ではペニスを自力で大きくする「ペニス増大マニュアル」はどの位ペニスを大きくする効果があるのでしょうか。

ペニスを大きくする「ペニスを引っ張る器具」にしても「ペニスを吸引する器具」にしても、根本的なペニスの成長方法は同じです。ペニスを大きくするうえで大事なことは、ペニスに適度な負担を掛けるという部分です。これは非常に大事な部分なのでよく覚えておいてください。

わたしたちの体、つまり人体というものは、再生能力や免疫能力が生まれながら備わっています。足の骨を骨折した場合は、骨と骨を接合させるための能力が働き、骨折が治癒したときには、以前より強固な骨質になると言われています。また怪我をすると壊れた細胞を再生する機能も本能的に働き細胞をより強くしますます。

体を鍛えるために行なわれる筋力トレーニングも、非常にわかりやすい人体を強固にする能力です。
筋肉を外部からの力でいじめ続けると、筋肉はいじめを克服しようと防衛本能が働き、より筋肉を大きく強くしようと細胞組織に働きかけます。やがて鍛えられた筋肉は、少しのトレーニングでは疲れを感じないくらいに強固な筋肉に成長します。

ペニスを大きくする場合もここがポイントです!

なにも全て「ペニス増大器具」の力を借りなくても良いのです。

ペニスを大きくするためには、筋力トレーニングと同じ方法でトレーニングを積み重ねていけば、自然とあなたの体の能力が細胞に働きかけペニスを大きく成長させ、やがては筋肉が大きく強くなる原理と同様に、ペニスは大きく太く立派なものへと成長していくのです。

ただ気を付けたいのは、闇雲にペニスを大きくしようと無理な力をペニスにかけたり、毎日長時間ペニスを鍛え続けることは大変危険な鍛え方です。よくペニスを大きくする方法と題して、一般公開されているサイトを見かけますが、これほど危険なペニストレーニングはありません。

ペニスを誤った方法でトレーニングしてしまうと、怪我をします。

尿道切断や細菌感染!

場合によっては、ペニスの機能障害まで引き起こしてしまう恐れもあります。


ペニスを大きくするために必要な方法は次の通りです↓
■1日に実施するペニスに負担のかからないトレーニング法を習得する
■必ずペニスに休息時間と休息期間を与えたうえでトレーニングする
■ペニスにかける適度な圧力とは、どのくらいかを習得する
■ペニスを長くしたいのか、太くしたいのかでの方法を熟知する
■ペニスを全体的に大きくしたい場合、バランス配分を考えたトレーニング法を習得する

ペニスを大きくする場合は、このような知識を習得してから実践に移さないと、ペニスが大きくなるどころか、大事なペニスに大きな負担と障害をもたらす原因にもなります。

ペニスは正しく負担なく、大きくしていきましょう!